ペットが皮膚病にかかったかどうか調べる方法を伝授

飼い主とペット

病気に感染する危険を回避

ノミダニに寄生されてしまうと、病気の原因となってしまいます。もちろん、人間にも感染するため多くの人は予防を行っています。予防方法は、薬やシャンプーで簡単に対処できます。早めに対策をしておくことで、繁殖スピードに追いつかないなんてことはなくなるでしょう。

テリア種の代表的な犬種

ジャックラッセルテリア

犬種によってその性格は異なります。犬を飼いたいという人は、まずは性質を理解しましょう。イギリスを発症とする猟犬であるジャックラッセルテリアは、運動能力が高く、とても賢い犬種です。好奇心が旺盛なので、しっかりとしつけを行う必要があります。しつけに自信がない人は、プロのトレーナーに任せましょう。

皮膚の状態をチェック

動物病院

様々な原因があります

ペットも人間と同様、様々な病気がありますが、皮膚病も気をつけたい病気のひとつです。ペットは全身が毛で覆われていることもあり、皮膚病があっても初期の頃は気づきにくくなっています。早期発見のためには日頃からブラッシングをしたり、マッサージを行うなどでスキンシップを頻繁に行い皮膚や毛に変化がないか見てあげましょう。ペットの皮膚病の原因も様々で、ノミやダニが原因で起こることもありますし、アレルギーや皮脂の分泌異常、真菌や細菌の影響で起こることもあります。さらに心因性の皮膚病もあり、強いストレスを受けたときなどに起こるとされています。ペットの皮膚病を治してあげるためには原因となるものを取り除くことが大切です。ノミやダニの駆除はしっかりと行い、アレルギーの原因となるものはできるだけ近づけないようにしてあげましょう。そして清潔を保つことが大事ですので、不潔にならないようシャンプーなどもこまめに行ってあげたいところです。シャンプーも刺激の強いもの、肌に合わないものを選んでしまうと逆効果ですので、高品質で低刺激のものを選んであげること、そして成分が残らないよう洗い流しもしっかり行ってあげましょう。初期症状としては皮膚をかきむしる、抜け毛が増える、フケが多く出るなどがあげられます。命に別状がある病気ではありませんが、放置しているとさらに悪化し改善が難しくなってしまいます。異変に気づいたらできるだけ早く診察を受け適切な治療を進めていきましょう。

とても人懐っこい犬種

ゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバーはとても社交的で誰とでも仲良くできる犬種といわれています。しかし、飼い方によっては人見知りになってしまうこともあるのです。そのため子犬のころから散歩に出て、いろんな犬とかかわるほうが良いといいます。